目前日期文章:201210 (25)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要
Patti Waldmeir, Leslie Hook and Jamil Anderlini,2012年10月30日,華盛頓郵報(原文連結
, , , ,

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

すなわち、これまでの簡略な考察による、元代から明代中期(一二七一-一五二一)まで、元代李郭派・明代南宋院体山水画風という二つの東アジア国際様式が行われた、二百五十年の中国山水画史の展開を踏まえつつ、ほぼ同時期の日本の鎌倉後期・南北朝・室町中期までの山水画史、韓国の高麗後期から朝鮮王朝前期までの山水画史の展開を各々数点の伝存作品に即して改めて概観し直してみよう。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()


jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

Max Fisher,2012年12月24日,華盛頓郵報(原文連結
,

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()

芭芭拉‧艾倫瑞克《失控的正向思考》(Bright-Sided: How Positive Thinking Is Undermining America)中文版的書封是一群極度雀躍的女性照片,最前面一位高舉雙手、神情激動。我第一次看到此書,立刻想到安麗那種直銷品牌很愛的「演講」,裡面的講員會激動的告訴聽者直銷系統有多好,他們的產品有多好,然後像布道大會一樣,我們都要瘋狂拍手應和,高喊口號,末了還要小組討論,掏心掏肺,互相加油打氣。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

陳光誠在數年迫害後於五月逃離中國。他代表婦女與窮人對抗中國獨生政策使他成為國家的敵人
, , , ,

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()

大風起兮

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

  • Oct 21 Sun 2012 21:20
  • Girls


jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

趙孟頫 鵲華秋色圖

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()


jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(3) 人氣()

  • 這是一篇加密文章,需輸入密碼才可閱讀
  • 密碼提示:
  • 請輸入密碼:
では、漢字文化圏の「書画の東アジア」の伝統は、南洋勧業会から百年余を経た現在もなお、決して断絶してはいない状況のもと、果たして「東アジア美術史の統合的構築は可能であろうか?」洪教授の根源的な問いかけは、そのように言い換えることができる。東アジアについては、地理的に言うと、中国大陸と台湾・香港などと、朝鮮半島・日本列島が含まれる。問題は、東アジア美術史の東アジアをどう規定するかにはない。これまで、中国における「美術」概念の揺籃期に即して述べきたおり、美術史それ自体に何を含めるかにある。中国の場合、西湖博覧会の「芸術館」において、「書画」を第一に挙げ、既に「建築」も含めていたよに、現代の『中国美術全集(絵画編・彫塑編・工藝美術編・建築藝術編・書法篆刻編)』(北京:人民美術出版社・上海人民出版社・北京:文物出版社・北京・建築工藝出版社・上海書画出版社 一九八四-九二年)でも、ヨーロッパの「美術」概念を踏まえつつ、「書画篆刻」という文人書画観に基づく分野を保っている。また、韓国においても、同断であり、『韓国美術全集:日本語版』(ソウル:同和出版公社、一九七四・七五年)では、「篆刻」を欠くものの、「書」「画」「建築」の巻を有るからである。その意味では、中国や韓国において、文字どおり「東アジア美術の統合的構築」を行おうとすれば、「絵画史」などに「書法史」「建築史」を含まなければならない。それに対して、日本においては、「書法」は、既に触れたとうり、明治時代に「美術」の範疇から外されて、史的考察は、「美術史」とは独立した「書法史」として行われており、「建築史」も、同様に、工学系部局の建築研究室で「美術史」とは全く別に研究されて来ている。すなわち、日本においては、「書法」が外れることは別として、「建築」も「美術」概念に含まれないまま、例えば、『日本美術全集』(東京:講談社、一九九〇-九四年)では、原始から飛鳥・奈良、平安、鎌倉、南北朝・室町、桃山、江戶、近代まで、時代順に通史的に各時代の絵画・彫刻・工藝・建築各分野に関する記述を各担当者が行って、ヨーロッパ本来の概念と整合性を保ちつつ、「日本美術史」として相応の一貫性を有しているとすれば、日中韓三国それぞれの時代順に通史的に各時代の絵画・彫刻・工藝・建築各分野に関して各担当者が行った記述をまとめることが、「東アジア美術の統合的構築」の第一歩となろう。「書法」についても、同様にまとめることは、可能である。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

壹傳媒全數賣掉的消息甚囂塵上,黎智英要全面退出台灣。對很多台灣人而言,這應該算是一個好消息。我有認識網友,對壹週刊與蘋果日報的八卦羶色新聞非常痛恨,號稱從未看過任何一期黎智英旗下的報章。十數年來能夠有此堅持,我非常佩服,如今黎智英為求保本殺出,我想網友心中必然相當快慰。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()


jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012年10月8日,NBC(原文連結

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

それのみではない。博覧会の場合は、『美術叢書』刊行の影響は、より一層、顕著である。すなわち、その初版本の初期刊行直前の清朝最末期、宣統二年(一九一〇)開催の南洋勧業会では、「美術館」が設けられているものの、「工藝門、鋳塑門、手工門、彫塑門」(「南洋勧業会遊記・巻一・美術館」『中国早期博覧会資料匯編(二)』北京:全国図書館文献微縮複製中心、二〇〇三年)の四部門のみしかなく、美術概念の範疇を明確に認識し得ておらず、「美術館」の体をなしてはいない。それに対して、南洋勧業会に次ぐ、中国で二番目の博覧会であり、『美術叢書』再版三集本刊行(一九二八年)直後の民国十八年(一九二九)開催の西湖博覧会に設けられた「藝術館」では、「陳列目的」として、「我国の藝術は、世界の藝術史上、久しく相当なる地位を有したり。書画には固より代に名家有れば、即ち雕刻・塑像・刺繍等、亦た往々にして特別なる絶技有り。近代に至りては、欧風東漸し、而して宗風未だ泯びす。作者は毎に多く東方の意味を以てす。新藝術の産生、或いは此に於いて之を卜するなり」と高らかに宣言し、中国的な書画概念を保持しつつ、ヨーロッパの影響を蒙ったとしても、多くは「東方の意味」参じて、「新藝術」の産生がなされようと主張する。また、「徴品内容」としては「計分るに、西洋画・中国が・書法・(郵票)・(金石)・工藝藝術・雕刻・建築・(写真)・(音楽用具)・(小工藝品)等と為す」とし、絵画・彫刻・工藝・建築からなる、ヨーロッパ本来の美術概念をより正確に把握しつつ、写真や楽器、中国の鼻煙壺や日本の根付といった小工藝品などをも収集対象とする現代の美術館の収集方針にも沿う先進性を見せる一方で、ヨーロッパ本来の美術概念には存在しない書法が採り上げられており(「西湖博覧会指南」「四 各館所詳細地点及内容」「(三)藝術館 地点 陳列目的 徴品内容」、前掲『中国早期博覧会資料匯編(四)』)、ヨーロッパ本来の美術の枠組を受け容れ、北宋末期、蘇軾により文人書画観が確立されて以来、八百年以上に亘って継承されてきた中国の伝統的な書画の枠組は放棄しながらも、書法自体は固守する。「西湖博覧会総報告書」(前掲『資料匯編(六)』)のうち、「藝術館」本来の陳列品を扱う「藝術品研究報告一(甲部)」では、しかしながら、「一 国画」「二 西画」「三 書法」「四 彫塑」「五 建築」「六 工藝美術」の六報告の「一 国画」「四 彫塑」「五 建築」「六 工藝美術」については、適切な報告が行われてはいるものの、「二 西画」については、担当の高剣父の研究が遅延して報告が行われず、詳細は知り得ない。「三 書法」についても、「数量本より已に極めて少なし」とするなど、捗々しい報告は行われないままであり、美術概念の普及により、それに含まれない書法は、中国においてすら、徴品に苦しむ状況にあったことが知られる。その一方で、注目されるのは、「藝術館」本来の陳列品ではない。会期中に多数の収蔵家が陳列に参加したいと願って持ちこんだ所蔵品を列挙する「藝術陳列品研究報告二(乙部)」であり、「六 攝影〔撮影〕」を除くと、所謂書画骨董に属する「一 金石」「二 書画」「三 匋瓷(陶磁)」「四 古玉」「五 工藝」のすべに亘って、数多く作品が寄せられているにもかかわらず、最新の「六 攝影」のみは僅か二点に止まるのは、美術の枠組の普及の一方で、書画のそれがなお維持されていた状況を端的に物語るものと言える。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

L’arrivée du bouddhisme en Chine

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

  • 這是一篇加密文章,需輸入密碼才可閱讀
  • 密碼提示:
  • 請輸入密碼:
六、餘論

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

賀佛爾(Eric Hoffer)的The True Believer是廣為傳誦的經典之作,此書的中文版封面印上大大的「群眾運動聖經」,害我以為這是書名,其實不是。可惜這六個字,讓這本書看似過於譁眾取寵,實則此書相當值得一讀。

jysnow 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()

1 2